消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融のカードローンと銀行カードローンのは、非常に似ていますが法律的に別物です。消費者金融は貸金業法で銀行は銀行法です。

利用者がこの法律を詳しく知っておく必要はありませんが、貸金業法では総量規制があって、銀行法では総量規制が無いということぐらいは覚えておきましょう。

初めての利用で10万円や20万円といった少額融資を受けたい場合は、総量規制のことを意識する必要もないので、消費者金融でも銀行カードローンでも違いは無いように思えます。しかし、実際は細かなことで違いがあります。

まず消費者金融は審査のスピードが最大の売りです。審査が早いので各業者とも即日融資可能という事を全面に出してアピールしています。銀行カードローンのスピードも最近は格段に上がってきてますが、まだ消費者金融の方が早いです。

銀行カードローンも審査の部分だけ消費者金融と提携している所が多いですが、その審査に銀行特有の基準がある分遅くなってしまいます。

次に銀行カードローンの売りは何かと言うと、金利の低さと最大限度額の多さです。それと銀行の名前による安心感もあります。

消費者金融の場合は100万円以下の借り入れなら、金利はまず18.0%が適用されますが、しかし、銀行カードローンはそれよりも数%低くなります。これはかなり重要なポイントです。

最大限度額は1000万円前後まで借りられる所が多いです。額が多くなると当然審査も厳しくなるので、必ず借りられる訳ではありません。

最後に消費者金融と銀行カードローンの違いを簡単にいうと、お手軽で簡単なのが消費者金融で低金利で安心なのが銀行カードローンになります。