銀行カードローンと銀行ローンの違いとは何か

銀行が行っている融資商品として、住宅ローンや自動車ローンといった金融商品がありますが、銀行では様々なローンを扱っています。有担保ローンと無担保ローンの違いはあるものの、一見すると分かりにくい無担保ローンとして銀行カードローンと銀行ローンがあります。正確な違いを知っておけば、勘違いをする可能性を減らせるでしょう。

銀行カードローンは、利用限度額の範囲内で繰り返し貸し借りが出来るタイプのローンです。銀行により専用キャッシングカードが発行がされるケースと、銀行キャッシュカードをそのまま利用するタイプの2種類が存在しますが、基本的にATMで借入と返済が出来る点に違いはありません。必要に応じて、最小限の金額を借りることが出来るので、金利は15%を少し下回る程度と高めなケースが多いです。

一方、銀行ローンは、証書貸付とも呼ばれる方式を採用しており、目的別ローンとフリーローンが存在します。必要な金額について審査を受けて、一度にまとめて貸付を行ない、以後は完済まで毎月決められた金額を返済する方式です。追加融資を受けるためには再度審査が必要となり、繰り上げ返済についても手数料が必要となる特徴があります。金利はカードローンよりも低く抑えられるので、多額の融資を一度に受けて計画的に返済する際に適しています。

キャッシングでの審査の通りやすさの比較について

お金を借りるときには、主に銀行系カードローンと消費者金融というところでお金を借りるのが一般的であると思います。

そんなキャッシングについて銀行系カードローンと消費者金融について、審査の通りやすさには違いがあるのでしょうか?

実は、この二つには大きな審査通過率の違いがあります。

消費者金融ですと、大手の消費者金融でも審査通過率は4割から5割くらいと半分より少しくらい小さいレベルの通過率であります。

一方で銀行系カードローンの審査率は低く、3割に満たないといわれていたり、2割くらいしかないというようなことが言われていたりと

審査の通過率はかなり厳し目となっているのであります。

この審査の通過率については、銀行系カードローンは適用金利が低いので、その分審査通過率が低いというようなことがあったり、

銀行自体がそもそも融資に手堅かったりするようなことがあったりします野で、返済能力が低い人の貸し倒れリスクを嫌うようなことが傾向にあるのではないかといわれています。

審査の通りやすさでは明確にカードローンと消費者金融では大きな違いがありますので、自身の収支や借金の状況などを勘案してどちらを選ぶかを選択してみてください。