キャッシングの返済を忘れてしまったら?

キャッシングをしたら、お金を月々決まった金額を返していかなければなりません。

返済日は、だいたい決まってますのでその日に返済をすればいいのですが、やはり人間ですのでうっかり忘れてしまったりその月は返済が困難な月もあるかと思います。

そんな時に、絶対やっては行けないのがそのままにしておくことです。払えないから、仕方がないと言って開き直り何もしないのが一番いけません。

それでは、払えない時はどうすればいいのでしょうか?

先ず、真っ先にやらなければいけないのが、借りている業者に連絡を入れることです。もし、貴方がお金を貸していて返済されなかったときに連絡も来なかったらどう思いますか?踏み倒されるかと心配になりますよね?

業者さんも同じです。

今月は返せないとしっかり連絡をすれば、大抵の業者さんは待ってくれます。

そして、いつ頃になったら返済ができるようになるかも伝えましょう。

しかし、その月は返済を待ってくれても注意することがあります。返済を待っていてくれても、遅延損害金は発生しています。

遅延損害金とは、支払いが遅延したときにかかる利子のようなものです。

なんにせよ、払えない時はしっかりと連絡しましょう。

そのままにしておくと、業者からの連絡、督促状、下手をすれば裁判にまで行ってしまいます。

しかし、何度も言うようですが電話一本、連絡を一回することによって最悪の自体は免れます。

筆者自身何度か返済ができなかった月がありましたが素直に話すと、コールセンターの方は優しく親身になって話を聞いてくれました。

返せなかったからと慌てて何もしない、一番いけません!キャッシングとは、人と人。信頼と信頼で成り立っているのですから。

キャッシングの返済に関することとして

キャッシングでお金を借りることが悪いわけではないです。あくまで金融サービスして確立されているわけですし、許可がされているわけですから、借りるのは問題なしです。しかしながら返済が遅れると大変になります。キャッシングの金額に課せられる金利の上に遅延損害金が発生します。

これが結構な負担になることがありますから、注意しておきましょう。キチンと返済をしていくことによって、それは防ぐことができます。そもそもそれは最悪の状態であり、そこまで気にすることではないのです。返済計画がしっかりとしていのであればまったく問題はないでしょう。借りたお金は、きっちりと返済していくことが信用を重ねる、ということに繋がっていくわけです。

ちなみに審査も厳しいわけですから、返済ができなそうな人には貸せない、ということもありますから、注意しましょう。借りることができるならば返済計画を立てて、まずは優先的にそちらに資力を投じることです。

返済しにくいと感じたときが借り換えタイミング

キャッシングは20歳以上~65歳前後で、安定した収入さえあれば誰でも利用できるので、若い方から高齢者まで、男女問わず幅広く人気があります。

月末の給料日前に、お金が底をついたときには大変便利ですが、つい借りすぎてしまうようなことがあると、なかなか返済が終わらなくて、苦労してしまうかも知れませんね。

もし現在借りているローン会社の金利が高かった場合は、低金利の会社で借り換えると、月々の返済が楽になるので、試しに確認してみるとよいでしょう。

キャッシングを利用する人の中には、金利を調べないまま、適当に選んだ会社から借入している人も少なくありません。

その会社が高金利だった場合は、余計な利息を払わなければならないので、返済がなかなか終わらなくなるのは当然のことだといえます。

返済しにくいと感じたときが、その人にとっての借り換えタイミングなので、高金利の会社を利用していたことに気づいたら、すぐに別の会社を探すようにしてください。

借り換えローンにも審査がありますが、借金の額が多すぎたり、滞納の履歴がある人でもない限りは、大抵は受かるので、まずは申し込みから始めましょう。

月々の返済額を大幅に減らせる可能性もあるので、早めに行動に移すことをおすすめします。