キャッシング 学生が審査に通る条件を考える

学生であってもキャッシングをしたいと思う事はあると思います。学生がキャッシングの審査に通る為の最低限の事を考えていきます。

・20歳以上である事

まず、学生の場合年齢がどうしても付きまといます。20歳未満ですと法律的に契約履行の義務が発生しませんので審査に通ることは無いでしょう。

・アルバイトなどの収入がある

現在、総量規制の影響で消費者金融は無収入の人への貸し出しは出来なくなっています。銀行カードローンは可能ですが、審査は厳しく学生に対して審査通過は現実的ではないでしょう。アルバイトなどをしていて、最低限の収入を持っていることが重要です。

月どのくらいのシフトに入っていて、どのくらいの給料をもらっているかキチンと説明しましょう。

・諦めたり親に相談したりする事も重要

学生が借金を考えるというのはよっぽどの事情があるのかと思います。遊びの為にキャッシングをしようと思っているならあきらめる事をお勧めします。何か悪徳商法やマルチ商法に引っかかったとかの理由なら、両親に相談するといいでしょう。学生では解決できない事も知恵で解決できる可能性はあります。

いかがでしたか。お金を貸してくれないからと言って、くれぐれも闇金などに申し込まないように気を付けてください。

学生時代のキャッシング経験

お金を借りた経験の多くの人が、学生時代にキャッシング経験があることが多いです。これは、社会人は働くことがベースのため、ある一定のお金を稼いでいますが、学生の場合は勉強が普通でその上で、アルバイトなどでお金を稼いでいるため、社会人に比べてお金が少ないです。それに加えて遊ぶ時間がとても多いので、お金もたくさん使ってしまいます。

その時に使用するのがキャッシングサービスです。キャッシングをする際には消費者金融と銀行がありますが、学生の場合には審査が緩い消費者金融を利用することが多いです。消費者金融のメリットの一つとしては、学生でもアルバイトで一定の収入を得ているとキャッシングを受ける事ができるということです。そのため、20万円くらいまでな学生でも大丈夫です。

しかし、消費者金融の中でも学生ではうけることができないところもあるため、オススメは学生に特化した消費者金融です。ここでは、顧客を学生に絞っているため、学生証と身分証明書があれば、キャッシングをすることができます。特に、初めての人はすぐにお金を借りることができるためとてもいいです。

このようなことから、学生は収入が少ないからキャッシングできないと考える事ができますが、気軽にすることができます。