学生時代に借り入れするなら中小消費者金融がいいことも!

20際以上になれば、アルバイトにより安定した収入があると銀行や消費者金融から借り入れが可能です。しかし、銀行カードローンの場合、審査が厳しくなってしまい、借り入れできる可能性が低くなります。そのため、大手消費者金融のカードローンを申し込む方が借り入れできる可能性は高くなります。しかし、学生の場合、信用度が低くなるため、金利が高くなってしまい、就職後もその金利が継続されるといったデメリットがあります。

そのため、学生が借り入れをする場合、中小消費者金融が取り扱う学生ローンやヤングローンを利用する方が将来的なメリットを生じさせます。学生ローンやヤングローンの場合、大手消費者金融のカードローンよりも低い金利で借り入れできる上、就職後でも低い金利で契約が継続され、結果的に総返済額を圧縮出来ます。また、大手消費者金融を申し込む場合は、信用度が高まった状態となるため、より金利条件に期待することが可能になります。申し込み手続きが簡単かつスピード審査だけに注目すると良い条件での契約チャンスを失ってしまうため、学生が借り入れする場合は大手消費者金融を避けるのがおすすめになります。

また、審査落ちしてしまうと将来的に銀行カードローンを契約する際、保証会社が同じということで選択肢を狭めてしまいます。