おまとめローンは総量規制の例外です

2010年6月に行われた改正貸金業法の完全施行に伴い、信販会社と消費者金融からの貸金業法に基づく借入には、総量規制が導入されました。全ての貸金業法に基づく貸付を行なう金融業者からの借入は、合計で年収の1/3以内に制限されたことにより、複数の借入があると総量規制以下の水準まで借入総額が減らない限り新たな貸付を受けられなくなりました。

しかし、消費者金融からの借入を1本化するおまとめローンは、借入側に有利な借り換えとなるので、例外的に認められています。なぜなら、多くの消費者金融では利用可能枠を100万円未満に設定している可能性が高く、利息制限法は貸付金額が100万円以上では更に上限金利が低く設定されているので、おまとめローンに借り換えることは金利引下げに繋がり借り手側に有利だからです。数百万円の借入ともなれば、数段階の金利引き下げが可能となり、おまとめローンへの借り換えを制限する理由がありません。借入総額が大きいほど、金利1%の差が利息総額に影響するので、おまとめローンで借り換えて確実な返済を行なうことが望ましいと考えられます。銀行カードローンの審査は、通過すれば総量規制対象外ですから有利ですが、厳しい審査条件から借り換えが出来ない場合も少なくありません。おまとめローンならば、消費者金融を利用しながら金利引き下げ効果を狙えます。