キャッシング審査で重要となる返済能力の有無

キャッシングの審査で最も重要となるのは、返済能力の有無です。返済能力とはすなわち、借りたお金の返済を可能にするだけの経済力のことです。

そしてキャッシングの場合、経済力は継続的な収入によって、あるとみなされます。たとえば会社勤めなどをしていて、毎月の収入がある人の場合、それによる返済が可能と認められるということです。
会社員のような安定した職でなくても、たとえばフリーターやパート主婦だとしても、安定した収入があれば返済能力があるとみなされます。

もちろん、借り入れする金額があまりにも大きいと、継続的な収入があったとしても、返済は困難になります。
そのため借り入れできる金額は、一般的には年収の3分の1までとされています。

たとえば年収が300万円の人の場合、100万円までということになります。
年収の3分の1の金額を上回らないように借り入れ希望を出し、なおかつ継続的な収入があることを示す給料明細書などを提出すれば、キャッシング審査に通る可能性は高いと言えます。

キャッシング審査の基準を知り賢く使いこなそう

以前よりキャッシングは身近な存在になりつつありますが、キャッシングを実際に利用するまでには申し込み書を申請する必要があります。

キャッシングの中には、即日で審査が終了するところもありますが、早いからといって審査がゆるいわけではありません。キャッシングの審査基準を知っておき、審査を通過しましょう。

・誤字脱字は絶対厳禁

顔も知らない相手に貸し出しをするわけですから、審査ではちょっとしたあいまいな部分でもチェックします。自分の名前や住所などの誤字・脱字は、書きなれた住所なのに間違うこと自体あまりありませんので、偽造や虚位の申告とみなされてしまうことがあります。

・属性が低いと落とされる

属性とは、自分の現在を構成している勤め先や勤続年数・持ち家か賃貸かどうかなどの事です。勤続年数が長いほど信用は増しますし、年収も高い方が良いですが、他のキャッシングで収入の3分の2を借りている場合には、総重量規制の対象内のキャッシング会社では、審査落ちします。