キャッシングの返済方法について

急な出費などで、キャッシングを利用する方が多いと思いますが、その返済方法の選択肢は、1つではなく、いくつかの方法があります。

ただ、キャッシングを利用した金融業者によって、返済方法にも違いがありますので、キャッシングを利用する時は、返済方法も事前に調べておくことをお勧めします。

返済方法は、自分の金融機関の口座からの自動引き落とし、コンビニや金融機関のATMをから返済する方法、インターネット上で返済する方法、直接店舗に出向いて返済する方法などが主にあります。

口座からの自動引き落とし日は、各金融業者によって違いがありますが、毎月10日や月末の27日を設定している業者が多い傾向にあります。

自動引き落としは、返済をするために、コンビニなどに出向いて行かなくてもよいので、忙しい方は、便利です。

また、ATMやインターネットを利用して返済をする場合も、自分のタイミングで行うことができるの便利です。

主婦でも安心してキャッシング出来る

冠婚葬祭など急にまとまったお金が必要になってしまうことはありますが、もし手元にお金がなく借りなければならない状況では周囲の方に借りるよりもカードローンなど消費者金融を利用したくなると思います。ですが主婦の方が消費者金融を利用したいと思っても収入がないので審査に通らないのでは、と不安になったり躊躇してしまうはずです。

収入がない主婦でも銀行カードローンであれば専業主婦でも申込み可能ですし、審査も通って融資を受けられます。消費者金融と同様に即日審査が完了し融資を受けることも出来ますし、金利も借入れた銀行次第では消費者金融よりも低金利で借入れ出来る可能性があります。

働いていないからと躊躇せず、まずはご自身の利用している金融機関等で申込み出来ないか確認してみることが大切です。

キャッシングは手続きがスピーディなので現金が欲しい時にすぐに手に入る

キャッシングの大きなメリットはなんといっても手軽さです。銀行で融資を受けようとすると手続きが面倒になりがちです。その点、キャッシングは時間をあまりかけずに融資を受けることが可能です。キャッシングのように便利にお金を借りれるサービスはあまりないので利用して損はないです。

申し込んでから実際に現金を得るまでの時間が長いと不便ですが、キャッシングは手続きがスピーディなので現金が欲しい時にすぐに手に入るのがよいところです。また、担保や保証人を用意しなくても問題なく希望額を借りられるので便利です。お金を身近な人から借りることに抵抗がある人がいます。キャッシングをすれば家族や知り合いに分らないように内緒でお金を借りられるのでおすすめです。

キャッシングの返済を忘れてしまったら?

キャッシングをしたら、お金を月々決まった金額を返していかなければなりません。

返済日は、だいたい決まってますのでその日に返済をすればいいのですが、やはり人間ですのでうっかり忘れてしまったりその月は返済が困難な月もあるかと思います。

そんな時に、絶対やっては行けないのがそのままにしておくことです。払えないから、仕方がないと言って開き直り何もしないのが一番いけません。

それでは、払えない時はどうすればいいのでしょうか?

先ず、真っ先にやらなければいけないのが、借りている業者に連絡を入れることです。もし、貴方がお金を貸していて返済されなかったときに連絡も来なかったらどう思いますか?踏み倒されるかと心配になりますよね?

業者さんも同じです。

今月は返せないとしっかり連絡をすれば、大抵の業者さんは待ってくれます。

そして、いつ頃になったら返済ができるようになるかも伝えましょう。

しかし、その月は返済を待ってくれても注意することがあります。返済を待っていてくれても、遅延損害金は発生しています。

遅延損害金とは、支払いが遅延したときにかかる利子のようなものです。

なんにせよ、払えない時はしっかりと連絡しましょう。

そのままにしておくと、業者からの連絡、督促状、下手をすれば裁判にまで行ってしまいます。

しかし、何度も言うようですが電話一本、連絡を一回することによって最悪の自体は免れます。

筆者自身何度か返済ができなかった月がありましたが素直に話すと、コールセンターの方は優しく親身になって話を聞いてくれました。

返せなかったからと慌てて何もしない、一番いけません!キャッシングとは、人と人。信頼と信頼で成り立っているのですから。

キャッシングの魅力は即日融資

キャッシングの魅力は、色々あります。その中でも最大の魅力と考えられるのは、やはり、即日融資でしょう。銀行ローンだと、最近では、即日審査というか1時間ほどで審査結果を出すスピード審査が行われる時代となっています。けれどもカードが届くのは即日でないため、即日融資ではありません。

その点、消費者金融は、即日審査即日融資を行ってくれます。これは、お金に困ってすぐに必要な時、本当に助かります。駅近の無人店舗も助かるなあと感じますが、即日融資が一番助かります。最初の印象って非常に大事であり、すぐに審査を終えて貸してくれると、後々の印象もよくなりますよね。また借りようかっていう気になりやすいです。皆さんも同様の経験があるのではないでしょうか。

キャッシングの申込みで必要なものは

お金を借りる時には当然、色々と申請をすることになります。そして、こちらから色々と情報を出す必要性があるわけですが、一つは身分証になります。つまりは、どこの誰であるのかということを明確に問われることになります。もちろん、住所がわかることになります。ちなみに今では殆ど行われていないことでもあるのですが昔は地図を見て住所の付近の施設などに対しての質問がありました。本当にそこに住んでいるのであれば答えられるだろう、という質問をされるわけです。

よく勘違いされるのが収入証明に関してです。お金を借りるのだから、どのくらい稼いでいるのかということを証明する必要性がある、ということを考えるでしょうが、実はこれは必須ではないです。給与明細を数か月分ということはあるのですが明確に収入証明を出すことになるのは50万円を超える限度額にする場合か、他社からの借り入れも含めて100万円を超える場合、となっています。この点はよく勘違いされていることになりますから、覚えておきましょう。電話番号とか職場の確認などもされることになりますから、こちらも準備をしておくことです。

これらの申請をして申込みができるようになります。意外と大変ではありますが準備しておけばスムーズにいきます。

キャッシングの借り換えのタイミングについて

キャッシングの借り換えを行う上で重要となるのがタイミングとなります。

基本的にキャッシングの借り換えは現在利用しているキャッシングよりも金利が低いところで契約することができた時に、既存のキャッシングの残高を新しく契約した条件の良いキャッシングを利用して完済することが多く、新しく契約したキャッシングの方が金利が低いということは、金利の分だけ総額での支払額を低く抑えられるというメリットがあります。

その為、最初は融資を急いでいたので金利が高くても即日融資が可能な消費者金融でキャッシングを行い、その後、落ち着いて手続きが出来るようなタイミングで消費者金融よりも金利が低くなる銀行のキャッシングと契約してそちらで残高分を返済するといった流れが一般的となります。

また、キャッシングの借り換えを行う上で気を付ける必要があるポイントとしてはキャッシングの契約というのは完済しても自動的に契約が解除されることは無いので、今後も前のキャッシングを利用しない場合には解約した方が良いでしょう。そうすることで他のローンと契約を行う際に、キャッシングの利用状況がローン審査に影響を与えて不利となってしまうことを避けることが出来るからです。

キャッシングは即日融資が今では当たり前

今では多くのキャッシングサービスが即日でお金を貸してくれます。もちろん、細かい条件はありますがこちらで事前に用意するべきものがしっかりとできていますとほぼ問題なくできます。キャッシングとは、用留守に個人に対する少額小口融資です。

但し、少額といっても、比較するのが目的ローンなどであって、それこそ、個人の単位で見れば結構な金額を借り入れることができることもあります。例えばそれは数十万円であったり、百万円を超えることもあるのです。ですから、キャッシングは決して低い金額を貸してもらうサービスではない、と理解しておきましょう。

昔は貸付る金額に対して特に規制がなかったのですが、今では規制があります。消費者金融に対して、総量規制というのがあります。これは年収の3分の1までしか貸し付けることができない、という規制です。このように様々な規制などがあるのですが、貸し付けるスピードに関しては間違いなく、昔よりも早くなっています。

今では大抵のところが即日融資であるわけですから、これは十分に期待できるサービスといえるでしょう。いつでも使えるようにしておくことは非常に大きなメリットがあるといえるでしょう。キャッシングサービスはいざという時に助かるのです。

キャッシングサービスの比較をすること

多くのキャッシングサービスがありますから、少しでもよいところにできるように比較するべきでしょう。まずどこを比較するのか、といえば金利になります。金利には下限と上限がありますが下限はほぼ気にしないでよいでしょう。何故かといいますと基本的に一般人には不可能といえる金額になっていることが多いからです。

つまりは、最低金利とは融資可能額が500万円とかそうしたことになっているからです。これは要するに1500万円の収入があることが例えば消費者金融では必要になります。ですから、どうしても難しいことになります。その為、上限金利をまずは見るべきであるといえます。そこから比較するのがベストであるといえるでしょう。

キャッシングサービスというのは、いくつも提供している業者があるわけですから、とにかくしっかりと比較していきましょう。少しでもコストを抑えることができるようになりますとそれはとてもよいサービスとなることでしょう。比較をするところとして、借り易いかどうか、ということもあるでしょう。

金利と借り易いところであるのか、ということから考えるとよいでしょう。そうすればよいところが間違いなく見つかることでしょう。

キャッシング 学生が審査に通る条件を考える

学生であってもキャッシングをしたいと思う事はあると思います。学生がキャッシングの審査に通る為の最低限の事を考えていきます。

・20歳以上である事

まず、学生の場合年齢がどうしても付きまといます。20歳未満ですと法律的に契約履行の義務が発生しませんので審査に通ることは無いでしょう。

・アルバイトなどの収入がある

現在、総量規制の影響で消費者金融は無収入の人への貸し出しは出来なくなっています。銀行カードローンは可能ですが、審査は厳しく学生に対して審査通過は現実的ではないでしょう。アルバイトなどをしていて、最低限の収入を持っていることが重要です。

月どのくらいのシフトに入っていて、どのくらいの給料をもらっているかキチンと説明しましょう。

・諦めたり親に相談したりする事も重要

学生が借金を考えるというのはよっぽどの事情があるのかと思います。遊びの為にキャッシングをしようと思っているならあきらめる事をお勧めします。何か悪徳商法やマルチ商法に引っかかったとかの理由なら、両親に相談するといいでしょう。学生では解決できない事も知恵で解決できる可能性はあります。

いかがでしたか。お金を貸してくれないからと言って、くれぐれも闇金などに申し込まないように気を付けてください。