キャッシングサービスの比較をすること

多くのキャッシングサービスがありますから、少しでもよいところにできるように比較するべきでしょう。まずどこを比較するのか、といえば金利になります。金利には下限と上限がありますが下限はほぼ気にしないでよいでしょう。何故かといいますと基本的に一般人には不可能といえる金額になっていることが多いからです。

つまりは、最低金利とは融資可能額が500万円とかそうしたことになっているからです。これは要するに1500万円の収入があることが例えば消費者金融では必要になります。ですから、どうしても難しいことになります。その為、上限金利をまずは見るべきであるといえます。そこから比較するのがベストであるといえるでしょう。

キャッシングサービスというのは、いくつも提供している業者があるわけですから、とにかくしっかりと比較していきましょう。少しでもコストを抑えることができるようになりますとそれはとてもよいサービスとなることでしょう。比較をするところとして、借り易いかどうか、ということもあるでしょう。

金利と借り易いところであるのか、ということから考えるとよいでしょう。そうすればよいところが間違いなく見つかることでしょう。

キャッシング 学生が審査に通る条件を考える

学生であってもキャッシングをしたいと思う事はあると思います。学生がキャッシングの審査に通る為の最低限の事を考えていきます。

・20歳以上である事

まず、学生の場合年齢がどうしても付きまといます。20歳未満ですと法律的に契約履行の義務が発生しませんので審査に通ることは無いでしょう。

・アルバイトなどの収入がある

現在、総量規制の影響で消費者金融は無収入の人への貸し出しは出来なくなっています。銀行カードローンは可能ですが、審査は厳しく学生に対して審査通過は現実的ではないでしょう。アルバイトなどをしていて、最低限の収入を持っていることが重要です。

月どのくらいのシフトに入っていて、どのくらいの給料をもらっているかキチンと説明しましょう。

・諦めたり親に相談したりする事も重要

学生が借金を考えるというのはよっぽどの事情があるのかと思います。遊びの為にキャッシングをしようと思っているならあきらめる事をお勧めします。何か悪徳商法やマルチ商法に引っかかったとかの理由なら、両親に相談するといいでしょう。学生では解決できない事も知恵で解決できる可能性はあります。

いかがでしたか。お金を貸してくれないからと言って、くれぐれも闇金などに申し込まないように気を付けてください。

キャッシングの返済に関することとして

キャッシングでお金を借りることが悪いわけではないです。あくまで金融サービスして確立されているわけですし、許可がされているわけですから、借りるのは問題なしです。しかしながら返済が遅れると大変になります。キャッシングの金額に課せられる金利の上に遅延損害金が発生します。

これが結構な負担になることがありますから、注意しておきましょう。キチンと返済をしていくことによって、それは防ぐことができます。そもそもそれは最悪の状態であり、そこまで気にすることではないのです。返済計画がしっかりとしていのであればまったく問題はないでしょう。借りたお金は、きっちりと返済していくことが信用を重ねる、ということに繋がっていくわけです。

ちなみに審査も厳しいわけですから、返済ができなそうな人には貸せない、ということもありますから、注意しましょう。借りることができるならば返済計画を立てて、まずは優先的にそちらに資力を投じることです。

キャッシングでの審査の通りやすさの比較について

お金を借りるときには、主に銀行系カードローンと消費者金融というところでお金を借りるのが一般的であると思います。

そんなキャッシングについて銀行系カードローンと消費者金融について、審査の通りやすさには違いがあるのでしょうか?

実は、この二つには大きな審査通過率の違いがあります。

消費者金融ですと、大手の消費者金融でも審査通過率は4割から5割くらいと半分より少しくらい小さいレベルの通過率であります。

一方で銀行系カードローンの審査率は低く、3割に満たないといわれていたり、2割くらいしかないというようなことが言われていたりと

審査の通過率はかなり厳し目となっているのであります。

この審査の通過率については、銀行系カードローンは適用金利が低いので、その分審査通過率が低いというようなことがあったり、

銀行自体がそもそも融資に手堅かったりするようなことがあったりします野で、返済能力が低い人の貸し倒れリスクを嫌うようなことが傾向にあるのではないかといわれています。

審査の通りやすさでは明確にカードローンと消費者金融では大きな違いがありますので、自身の収支や借金の状況などを勘案してどちらを選ぶかを選択してみてください。

キャッシングの利息について

お金を借りるにつれて絶対に切る事が出来ないのが金利と利息です。

金利が○○%と表記されている広告や紙面等は良く見た事があると思います。

100円を借りた場合に金利が15%なら支払う金額は115円になります。

上で書かれている115円が利息と言うことになります。

利息と金利を一緒のものだと考えていたり、金利は分かるが利息はなんだろうと思う人が多々居ると思います。

利息と言うものは元金に金利をかけて算出したお金のことを呼びます。

元金とは、その人が借りた金額の事を指します。

お金を借りるにつれて、返金する金額が少なければ少ないほど、借り手にとってはありがたいものだと思います。

現在、色々なキャッシング会社がありますが、色々な会社を比較して返済計画や自分に合った会社選びも重要だと思います。

借りる金額によっても金利が大幅に変わる事もあります。

日本では法律で金利の上限が決められていますが、ちゃんとした会社であればそこを破っている事はないのでまず大丈夫だと思います。

記載されている内容で、下限金利と上限金利があります。

○○%~○○%という形で記載されていると思います。

最も重要なのは下限金利ではなく、上限金利になります。

上限金利が最大の金利になりますので、その金利によって利息も変わってきます。

自分が無理せずにお金を返せるような無理のない計画を立ててキャッシングを行うのをお勧めします。

キャッシングを即日利用する

即日キャッシングのプロミスガイド

急な予定が入った時にお金が必要になる場合があると思います。ただ財布にあまり入っていなかったり、貯金残高が乏しかったり困った場合キャッシングを利用するのも一つの手です。キャッシングを利用したことがなく、カードをお持ちでない方でもその日に申し込んで即日利用することが可能です。

ほとんどの業者さんが店頭や電話、Web上から申し込むことができるので自分にあった申込み方法を選択することができます。申込みを行うと受付時間内であれば、その日のうちにカードが発行されます。ただしWeb上からだとその日のうちに利用したいのであれば店頭や無人契約機で受けとる必要があります。

カードが発行されるとその日のうちに使えるので自分が必要な融資を受けられることができます。ただし融資が受けられる額には上限があり、本人の収入により違っているので注意しましょう。急な入り用の時はそれほど時間がかからずに融資を受けられることができるので事前に申し込んでおくのもいいですし、当日でも大丈夫なので安心して申込みをされてみてはいかかでしょう。

自動契約機は意外にやる事がある

自動契約機を使ってアコムでキャッシングしました。

初めての利用だったので色々と予想外で驚きました。

まず驚いたのが契約書です。

自動契約機だと、銀行のATMみたいな感じで画面上で全て操作していけば良いのかと思っていたのですが、契約書は紙に手書きでした。

それを画面下のスキャナーのようなところに入れる感じでした。

微妙にアナログで驚きです。

本人確認は免許証だけでOKでした。

これも指定の場所に置くとスキャンされる感じでした。

簡単なんですが、セキュリティなど微妙に心配です。

この後審査に入るのですが、これが案外長いです。

狭い個室ですので圧迫感もあり、なんとなく気分が下がります。

で、ここで驚いたのがもう一つ、自動契約機というのはその名前のとおり自動で契約してくれるものだと思っていたのですが、色々人力です。

勝手なイメージで人との接触もないものだと思っていましたが、オペレーターさんとのやり取りもけっこうありました。

構えるほどのものじゃありませんが、利用してみて私はインターネットの方が気が楽で良いかなと思いました。

おまとめローンでコントロールする生活ができる

お金に困ってしまったときにすぐに思い浮かぶのが消費者金融でキャッシングするというものですが、あまりにも手軽に借りることができるのでついつい頻繁に利用するようになってしまうということが起こり得ます。

やがて借金を返済するために、別のところから借金の悪循環に陥ってしまうこともあります。こうなると複数から借金して、それをいつまでに毎月返済するのか、ということに頭を悩ませてしまうことになるのです。

3-4社から借り入れをしていると、やがて借金を返すだけの人生のようになってしまいます。そうなると精神的に余裕がなくなっていき、お金を返すことのストレスばかりに思いがいって、他の大切なこと、つまり家庭や子供、仕事、恋人や友人のことなどを考えることができなくなるのです。

そんなストレスから解放されるのがおまとめローンというものです。1社から高額の融資をしてもらって、今ある借金をすべて返済してしまうのです。つまりまとめてしまうということなのです。これをすると、返済先は当然1社だけになりますので、返済計画が立てやすいですし、うっかり返済日を忘れてしまうことも避けやすくなります。

それだけでなく、1社からだけなので低金利になるというメリットもあります。ですが、最大のメリットは精神的な安定感が得られるようになるということです。おまとめローンで返済への道筋ができて、コントロールされる人生から、生活や予定を自分でコントロールできるようになるのです。

銀行系のおまとめローンであれば高額融資、そして低金利での対応をしてくれます。

キャッシングの限度額について

私も以前、銀行系・信販系のカードローンを作ったことがありますがカードローンを作成する際に限度額が設けられるようになりました。

今までは個人の信用がある程度あれば各会社がカードローンを作成できていたのですが、2010年6月に貸金業法が施施行され、総量規制という制度が導入されるようになりました。これにより年収の3分の1以上の借入を禁止するとした法律で年収500万円の方ですと167万円以下しか借り入れができないということになります。

じゃあ家のローンがある人は?車のローンがある人は?という疑問が出てきますが必ずしも家のローンや車のローンがあるとキャッシングできないのかというとそうではありません。

実は総量規制には対象外や例外があります。

その例として

・不動産購入又は不動産改良の為の貸付(その為のつなぎ融資を含む)

・自動車購入時の自動車担保貸付

・高額医療費の貸付

・有価証券担保の貸付

・不動産担保貸付

・売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付

・手形(融通手形を除く)の割引

・金融商品取引業者が行う500万円超の貸付

というものがあります。

いうなれば、総量規制にかかる貸付というものは、本人の信用の元借り入れができる金額のことを言い、担保が存在するものは例外となります。

キャッシングの申込みの際に留意すべきこと

急にお金が必要になったという時に、役立つのがキャッシングです。
とはいえ、キャッシングには申込みが必要で、さらに審査をパスしなければなりません。
では、キャッシングの申込みをする前にどんな点に留意するべきでしょうか。

まず、キャッシングの申込みを行うとどのようなことを行われるのでしょうか。
キャッシング会社は申込みした本人にちゃんと返済能力があるかどうかを確認するために審査が行われます。

その際に、行われるのは申込み情報の確認です。

返済能力に一番関係しているのは本人がきちんとした仕事に就いているかどうかです。
それで、必ずしも正社員ではないとダメだということはありません。

毎月決まった収入を安定して得ているのであれば、アルバイトやパートでも借りることができるかもしれません。

そこで、きちんと申し込んだ情報が正しいかを照らし合わせるために在席確認の電話をします。
もし、オペレーターが電話した時に在席を確認できないと申し込んだ情報の信ぴょう性を問われます。

そこで、もし自分が勤務している時間がきちんと分かっているのであれば、必ず勤務している時間を先にオペレーターに伝える必要があります。

さらに、気を付けたいのは過去に、そして現在他の消費者金融から借り入れをしているかどうかです。
消費者金融業界はお互いに情報を共有していますので、その点でも偽りの内容に申し込む必要があります。