銀行カードローンより消費者金融の方が審査が緩い?

申し込みが簡単で比較的少額の融資をスピーディに行なってくれる金融機関に銀行と消費者金融があります。

お金に困ったときにはこれらのサービスを利用することも考えられますが、このふたつの金融機関には違いがあるのでしょうか。

どちらも同じようなサービスを行なっている銀行と消費者金融ですが、細かい部分を比較してみたときに融資額や利息、利用条件などに違いがあることがわかります。

一般的に利用限度額に関しては銀行の方が多く設定されているところがほとんどですが、利息に関しては消費者金融の方がおおむね高めに設定されています。

また消費者金融には総量規制などの決まりが存在するため、条件によって申し込みが可能な人が制限されてしまう場合もあります。

以上のことを踏まえると消費者金融よりも銀行の方が利用価値があるように思えますが、もうひとつ重要なポイントとして審査があります。

キャッシングを行なうためには審査に通過することが絶対条件ですが、この審査に関しては銀行の方が厳しく、それに比べると消費者金融の方が通りやすいとも言われています。

金融機関の審査の基準は明らかになっていませんが、独自に信用情報を集めて審査する消費者金融と、広いネットワークでもって信用情報を集めて審査を行なう銀行とでは審査の基準に若干の差があるようです。