返済しにくいと感じたときが借り換えタイミング

キャッシングは20歳以上~65歳前後で、安定した収入さえあれば誰でも利用できるので、若い方から高齢者まで、男女問わず幅広く人気があります。

月末の給料日前に、お金が底をついたときには大変便利ですが、つい借りすぎてしまうようなことがあると、なかなか返済が終わらなくて、苦労してしまうかも知れませんね。

もし現在借りているローン会社の金利が高かった場合は、低金利の会社で借り換えると、月々の返済が楽になるので、試しに確認してみるとよいでしょう。

キャッシングを利用する人の中には、金利を調べないまま、適当に選んだ会社から借入している人も少なくありません。

その会社が高金利だった場合は、余計な利息を払わなければならないので、返済がなかなか終わらなくなるのは当然のことだといえます。

返済しにくいと感じたときが、その人にとっての借り換えタイミングなので、高金利の会社を利用していたことに気づいたら、すぐに別の会社を探すようにしてください。

借り換えローンにも審査がありますが、借金の額が多すぎたり、滞納の履歴がある人でもない限りは、大抵は受かるので、まずは申し込みから始めましょう。

月々の返済額を大幅に減らせる可能性もあるので、早めに行動に移すことをおすすめします。

自動契約機は意外にやる事がある

自動契約機を使ってアコムでキャッシングしました。

初めての利用だったので色々と予想外で驚きました。

まず驚いたのが契約書です。

自動契約機だと、銀行のATMみたいな感じで画面上で全て操作していけば良いのかと思っていたのですが、契約書は紙に手書きでした。

それを画面下のスキャナーのようなところに入れる感じでした。

微妙にアナログで驚きです。

本人確認は免許証だけでOKでした。

これも指定の場所に置くとスキャンされる感じでした。

簡単なんですが、セキュリティなど微妙に心配です。

この後審査に入るのですが、これが案外長いです。

狭い個室ですので圧迫感もあり、なんとなく気分が下がります。

で、ここで驚いたのがもう一つ、自動契約機というのはその名前のとおり自動で契約してくれるものだと思っていたのですが、色々人力です。

勝手なイメージで人との接触もないものだと思っていましたが、オペレーターさんとのやり取りもけっこうありました。

構えるほどのものじゃありませんが、利用してみて私はインターネットの方が気が楽で良いかなと思いました。

借り換えタイミングを掴んで有効活用

低金利キャッシングの審査結果※キャッシング比較ラボ
http://europeaneducation.org/

借金を行う時には金融業者によって設定されている金利設定に従って利息をつけて返済する必要がありますが、この金利設定がより有利になる業者に借り換えを行う事は返済時には有効ですし、借り換えタイミングを掴む事で返済を楽にさせる事が出来ます。

住宅ローンの借り換えを行うという方や、複数社の借金を一社にまとめて借り換えるという利用の方が多いですが、住宅ローンの借り換えタイミングとしては固定期間終了からでは遅いですから、低金利の時に借り換えを行っておく事が望ましいです。

金利面も重要ですが借り換えでは新規審査のような状態になりますし、年収低下になりそうな時には事前に手を打って早めに借り換えを行ったり、健康状態が悪くなって保険加入出来ないと審査に通らないという事もありますから、健康な間に手続きを行っていくのが借り換えタイミングとして有効になります。

年収や健康、金利といった要素での状況変化は常に起こりがちですし、そうした要素を加味した上で借り換えを行っていく事が必要です。

おまとめローンの場合は返済負担が大きく感じた時は、複数社の借金を一まとめにして金利低下させると返済が楽になりますし、あまり先延ばしにせずに手を打つ事が望ましいです。

アルバイトでも借りられる消費者金融

消費者金融のキャッシングの利息は銀行からお金を借りる場合と比べると確かに高く設定されています。だからと言って消費者金融が使いづらいということはまったくありません。

アルバイトで仕事をしている者にとっては銀行より消費者金融のほうがはるかに頼りになる存在です。どうしてもお金が必要になったとしてもアルバイトやパートではたとえ毎月安定した収入があったとしても銀行からお金を借りるのはとても難しい状況になっています。

一方、消費者金融であればアルバイトやパートでもお金を貸してもらえる可能性はかなり高いのです。他に借金が無いですとか、過去にクレジットカードの支払いなどでトラブルを起こした経験がなければアルバイトやパートでも審査に通る確率はかなり高くなります。私も最初に消費者金融に申し込みをするときは審査に通るかとても不安でした。

アルバイト先のフリーターの同僚が消費者金融のキャッシュカードを持っていたので私も申し込んでみることにしたのですが、そのときは落ちて元々という気持ちで申し込みをしたものでした。そんな私の心配など不要なほど審査から借り入れまでスムーズに進み私でもお金を借りることができました。アルバイトの私でもお金を借りることができたので消費者金融は本当に感謝しました。

そのときは借りたお金はバイト代が出たその日のうちに銀行のATMからすぐに全額返済したので無利息キャッシングのおかげで利息はまったくかかりませんでした。アルバイトやパートで働いている方でお金が少し足りなくなったら消費者金融に申し込んでみると良いと思います。

即日キャッシングの審査の時間

人が生きていく限りにおいて付き合いは必要不可欠なものです。

煩わしく思える時もありますが、むやみに断り続けるとお誘いをもらえなくなってしまうようになってしまいます。

そこで多少の無理をしてでも付き合いを欠かさぬようにするべきでしょう。

しかし給料日の前などお小遣いの厳しい時期に誘いを受けてしまう時もあります。

お金を理由にして断るのも見苦しいことなので、なるべく誘いに応じられるようにしたいものです。

そのために即日でもお金の借りられるキャッシングを利用するようにすると、急な誘いであっても間に合います。

ただキャッシングへの申し込みを午後2時までに済ませておかないと、審査が翌日になってしまいます。

審査さえ通過できれば翌日すぐに入金があるわけですが、仮に当日の夜にすぐに必要なほど差し迫っているのなら、キャッシングの申込みを何時までにするべきかを意識しておいたほうがいいでしょう。

即日といっても、審査の都合で必ずしも即日にはならない時間帯があることを知っておくと、よりキャッシングを上手に活用できるはずです。

増額申込みのポイント

キャッシングを利用していると「もっと多くの金額を借り入れしたい」と言った状況になる可能性は高いと言えます。初回契約時に高額な限度額をもらえた場合であれば必要性は低いかもしれませんが、50万円以下の限度額で契約をした場合などは増額申込みを検討する可能性は高くなります。

どのキャッシングにおいても、利用者の希望によって増額申込みを行うことが出来ます。申し込みに対しては審査が行われ、その結果によって利用限度額が増額される可能性が出てくるわけですが、実は増額が可能となった利用者に対しては何らかの打診がある場合が多いのが実状です。

例えば、窓口を利用した際や専用ATMやマイページに案内が来るといった形で打診されます。つまり、逆に考えると打診が無い状況ではそれほど増額申込みが受理される可能性は高くないということになるわけです。どうしても増額の必要性があるという場合には増額申込みをしてみるべきですが、特に必要性が無い状況であれば打診が来るまではそっとしておいた方が良いでしょう。

自分から増額申込みをした場合はしっかりと審査が行われることになりますが、打診があった場合には形式上の審査だけで済む場合が多いため、余計な手間を減らすことも出来ます。

キャッシング審査で重要となる返済能力の有無

キャッシングの審査で最も重要となるのは、返済能力の有無です。返済能力とはすなわち、借りたお金の返済を可能にするだけの経済力のことです。

そしてキャッシングの場合、経済力は継続的な収入によって、あるとみなされます。たとえば会社勤めなどをしていて、毎月の収入がある人の場合、それによる返済が可能と認められるということです。
会社員のような安定した職でなくても、たとえばフリーターやパート主婦だとしても、安定した収入があれば返済能力があるとみなされます。

もちろん、借り入れする金額があまりにも大きいと、継続的な収入があったとしても、返済は困難になります。
そのため借り入れできる金額は、一般的には年収の3分の1までとされています。

たとえば年収が300万円の人の場合、100万円までということになります。
年収の3分の1の金額を上回らないように借り入れ希望を出し、なおかつ継続的な収入があることを示す給料明細書などを提出すれば、キャッシング審査に通る可能性は高いと言えます。

おまとめローンでコントロールする生活ができる

お金に困ってしまったときにすぐに思い浮かぶのが消費者金融でキャッシングするというものですが、あまりにも手軽に借りることができるのでついつい頻繁に利用するようになってしまうということが起こり得ます。

やがて借金を返済するために、別のところから借金の悪循環に陥ってしまうこともあります。こうなると複数から借金して、それをいつまでに毎月返済するのか、ということに頭を悩ませてしまうことになるのです。

3-4社から借り入れをしていると、やがて借金を返すだけの人生のようになってしまいます。そうなると精神的に余裕がなくなっていき、お金を返すことのストレスばかりに思いがいって、他の大切なこと、つまり家庭や子供、仕事、恋人や友人のことなどを考えることができなくなるのです。

そんなストレスから解放されるのがおまとめローンというものです。1社から高額の融資をしてもらって、今ある借金をすべて返済してしまうのです。つまりまとめてしまうということなのです。これをすると、返済先は当然1社だけになりますので、返済計画が立てやすいですし、うっかり返済日を忘れてしまうことも避けやすくなります。

それだけでなく、1社からだけなので低金利になるというメリットもあります。ですが、最大のメリットは精神的な安定感が得られるようになるということです。おまとめローンで返済への道筋ができて、コントロールされる人生から、生活や予定を自分でコントロールできるようになるのです。

銀行系のおまとめローンであれば高額融資、そして低金利での対応をしてくれます。

消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融のカードローンと銀行カードローンのは、非常に似ていますが法律的に別物です。消費者金融は貸金業法で銀行は銀行法です。

利用者がこの法律を詳しく知っておく必要はありませんが、貸金業法では総量規制があって、銀行法では総量規制が無いということぐらいは覚えておきましょう。

初めての利用で10万円や20万円といった少額融資を受けたい場合は、総量規制のことを意識する必要もないので、消費者金融でも銀行カードローンでも違いは無いように思えます。しかし、実際は細かなことで違いがあります。

まず消費者金融は審査のスピードが最大の売りです。審査が早いので各業者とも即日融資可能という事を全面に出してアピールしています。銀行カードローンのスピードも最近は格段に上がってきてますが、まだ消費者金融の方が早いです。

銀行カードローンも審査の部分だけ消費者金融と提携している所が多いですが、その審査に銀行特有の基準がある分遅くなってしまいます。

次に銀行カードローンの売りは何かと言うと、金利の低さと最大限度額の多さです。それと銀行の名前による安心感もあります。

消費者金融の場合は100万円以下の借り入れなら、金利はまず18.0%が適用されますが、しかし、銀行カードローンはそれよりも数%低くなります。これはかなり重要なポイントです。

最大限度額は1000万円前後まで借りられる所が多いです。額が多くなると当然審査も厳しくなるので、必ず借りられる訳ではありません。

最後に消費者金融と銀行カードローンの違いを簡単にいうと、お手軽で簡単なのが消費者金融で低金利で安心なのが銀行カードローンになります。

キャッシングの限度額について

私も以前、銀行系・信販系のカードローンを作ったことがありますがカードローンを作成する際に限度額が設けられるようになりました。

今までは個人の信用がある程度あれば各会社がカードローンを作成できていたのですが、2010年6月に貸金業法が施施行され、総量規制という制度が導入されるようになりました。これにより年収の3分の1以上の借入を禁止するとした法律で年収500万円の方ですと167万円以下しか借り入れができないということになります。

じゃあ家のローンがある人は?車のローンがある人は?という疑問が出てきますが必ずしも家のローンや車のローンがあるとキャッシングできないのかというとそうではありません。

実は総量規制には対象外や例外があります。

その例として

・不動産購入又は不動産改良の為の貸付(その為のつなぎ融資を含む)

・自動車購入時の自動車担保貸付

・高額医療費の貸付

・有価証券担保の貸付

・不動産担保貸付

・売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付

・手形(融通手形を除く)の割引

・金融商品取引業者が行う500万円超の貸付

というものがあります。

いうなれば、総量規制にかかる貸付というものは、本人の信用の元借り入れができる金額のことを言い、担保が存在するものは例外となります。