増額申込みのポイント

キャッシングを利用していると「もっと多くの金額を借り入れしたい」と言った状況になる可能性は高いと言えます。初回契約時に高額な限度額をもらえた場合であれば必要性は低いかもしれませんが、50万円以下の限度額で契約をした場合などは増額申込みを検討する可能性は高くなります。

どのキャッシングにおいても、利用者の希望によって増額申込みを行うことが出来ます。申し込みに対しては審査が行われ、その結果によって利用限度額が増額される可能性が出てくるわけですが、実は増額が可能となった利用者に対しては何らかの打診がある場合が多いのが実状です。

例えば、窓口を利用した際や専用ATMやマイページに案内が来るといった形で打診されます。つまり、逆に考えると打診が無い状況ではそれほど増額申込みが受理される可能性は高くないということになるわけです。どうしても増額の必要性があるという場合には増額申込みをしてみるべきですが、特に必要性が無い状況であれば打診が来るまではそっとしておいた方が良いでしょう。

自分から増額申込みをした場合はしっかりと審査が行われることになりますが、打診があった場合には形式上の審査だけで済む場合が多いため、余計な手間を減らすことも出来ます。

キャッシングの限度額について

私も以前、銀行系・信販系のカードローンを作ったことがありますがカードローンを作成する際に限度額が設けられるようになりました。

今までは個人の信用がある程度あれば各会社がカードローンを作成できていたのですが、2010年6月に貸金業法が施施行され、総量規制という制度が導入されるようになりました。これにより年収の3分の1以上の借入を禁止するとした法律で年収500万円の方ですと167万円以下しか借り入れができないということになります。

じゃあ家のローンがある人は?車のローンがある人は?という疑問が出てきますが必ずしも家のローンや車のローンがあるとキャッシングできないのかというとそうではありません。

実は総量規制には対象外や例外があります。

その例として

・不動産購入又は不動産改良の為の貸付(その為のつなぎ融資を含む)

・自動車購入時の自動車担保貸付

・高額医療費の貸付

・有価証券担保の貸付

・不動産担保貸付

・売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付

・手形(融通手形を除く)の割引

・金融商品取引業者が行う500万円超の貸付

というものがあります。

いうなれば、総量規制にかかる貸付というものは、本人の信用の元借り入れができる金額のことを言い、担保が存在するものは例外となります。

限度額を増やしたいなら計画的な利用をしましょう。

少しのお金がたりなくてちょっとだけ消費者金融を利用しようと考える人には、あまり考えたことがないと思いますが、利用限度額を増やしたいと思っている人は結構います。

一般的に限度額が高いほど金利が安くなります。しかし、審査が通りにくいので借りやすくするために最初は低い限度額で契約して、必要があれば増額する方法をとる人が多いのです。

必要があれば増額といっても、こちらのタイミングで好きな時に増額できるわけではありません。基本的には半年以上の利用と延滞などの問題を起こしていないことで、これを満たしていれば、増額しませんかと業者の方から提案があります。ただし一気には上がらず、10万円ずつと思っておいて間違いないです。

他社からの借入が多かったり、初めての利用のみでそれ以降の借入が無かったりした場合は提案が無かったり、こちらから増額を希望しても断られることがあります。

借りる時に審査がありますが増額時にも審査があるので、信用問題に関わることで引っかかれば増額はまず出来ないと思っておいてよいでしょう。

あとどれだけ増額しても総量規制に引っかかる、年収の3分の1以上は借りることは出来ません。総量規制対象外の銀行カードローンで借りればよいのですが、総量規制に引っかかる人が借りに行っても債務の一本化とかそういった理由でないと借りることが出来ないので、最初から銀行カードローンを選択すればその辺りの問題はなくなります。

しかし、審査の厳しさもあるので借りやすさでは消費者金融の方が上になります。

計画的な借入と返済をしていれば何の問題もなく限度額は増えていくので、消費者金融を賢く利用しましょう。