学生時代に借り入れするなら中小消費者金融がいいことも!

20際以上になれば、アルバイトにより安定した収入があると銀行や消費者金融から借り入れが可能です。しかし、銀行カードローンの場合、審査が厳しくなってしまい、借り入れできる可能性が低くなります。そのため、大手消費者金融のカードローンを申し込む方が借り入れできる可能性は高くなります。しかし、学生の場合、信用度が低くなるため、金利が高くなってしまい、就職後もその金利が継続されるといったデメリットがあります。

そのため、学生が借り入れをする場合、中小消費者金融が取り扱う学生ローンやヤングローンを利用する方が将来的なメリットを生じさせます。学生ローンやヤングローンの場合、大手消費者金融のカードローンよりも低い金利で借り入れできる上、就職後でも低い金利で契約が継続され、結果的に総返済額を圧縮出来ます。また、大手消費者金融を申し込む場合は、信用度が高まった状態となるため、より金利条件に期待することが可能になります。申し込み手続きが簡単かつスピード審査だけに注目すると良い条件での契約チャンスを失ってしまうため、学生が借り入れする場合は大手消費者金融を避けるのがおすすめになります。

また、審査落ちしてしまうと将来的に銀行カードローンを契約する際、保証会社が同じということで選択肢を狭めてしまいます。

即日融資を受けるためには必要書類の準備が必要です

急な出費があると判明して、慌ててカードローンの申込みを行なうと、思わぬ事態に陥ることがあります。審査に通過したとしても、借入が可能となるのは数日後といった事態が普通に起こるからです。なぜなら、即日審査に通ることは即日融資を受けるためには必要ですが、即日審査に通過しても借入手段が手配出来ていなければ即日融資を受けられないからです。

具体的には、振込融資ならば銀行営業時間に左右されてしまうので、平日14時頃迄には振込融資手配が完了していなければならないでしょう。専用ローンカードを使った融資であれば、専用ローンカードを郵送手配されてしまうと数日到着迄にかかってしまいます。

即日専用ローンカードを発行してもらい受け取る必要があるので、窓口または自動契約機コーナーで専用ローンカードが即日発行出来る金融業者を確認してから申込む必要があります。自動契約機コーナーでは、融資の申込みだけでなく、審査通過後に専用ローンカードを発行する場所としての役割も持っています。

自動契約機コーナーへすぐに行けることを確認した上で申込めば良いでしょう。銀行カードローンの一部では、銀行キャッシュカードをそのままローンカードとして使える手配をしてもらえる銀行もあるので、メインバンクに確認してみると話が早いです。

キャッシングは即日融資が今では当たり前

今では多くのキャッシングサービスが即日でお金を貸してくれます。もちろん、細かい条件はありますがこちらで事前に用意するべきものがしっかりとできていますとほぼ問題なくできます。キャッシングとは、用留守に個人に対する少額小口融資です。

但し、少額といっても、比較するのが目的ローンなどであって、それこそ、個人の単位で見れば結構な金額を借り入れることができることもあります。例えばそれは数十万円であったり、百万円を超えることもあるのです。ですから、キャッシングは決して低い金額を貸してもらうサービスではない、と理解しておきましょう。

昔は貸付る金額に対して特に規制がなかったのですが、今では規制があります。消費者金融に対して、総量規制というのがあります。これは年収の3分の1までしか貸し付けることができない、という規制です。このように様々な規制などがあるのですが、貸し付けるスピードに関しては間違いなく、昔よりも早くなっています。

今では大抵のところが即日融資であるわけですから、これは十分に期待できるサービスといえるでしょう。いつでも使えるようにしておくことは非常に大きなメリットがあるといえるでしょう。キャッシングサービスはいざという時に助かるのです。

モビットでの在籍確認が不要な理由とは

融資を実行する金融機関にとっては返済能力の確認のためには職場への在籍確認が欠かすことができません。しかし、職場にキャッシングやカードローンの利用を知られることが嫌な人も少なくないでしょう。最近の銀行や消費者金融では在籍確認の電話であることがなるべくわからないように在籍確認をするようになっていますが、それでも職場にバレてしまうリスクはゼロにはなりません。

在籍確認がどうしても嫌な人はモビットを利用する方法があります。いくつかの条件を満たさなければなりませんが、逆に言えば条件の満たせばモビットからのキャッシングは職場への在籍確認がなしになるのです。どうして、モビットは在籍確認をしないでも融資をするかと言えば、在籍確認の電話の代わりになる書類の提出で職場の在籍確認の代わりにしているのです。在籍確認の代わりの提出を求める書類は社会保険証か組合保険証、または直近一ヶ月までの給与明細ということになります。これで、在籍確認の代わりになるというのがモビットの審査のシステムになっているのです。キャッシングを利用したいという人で、在籍確認の電話よりも在籍確認の書類の提出のほうが良いという人はモビットを利用すればいいでしょう。

初めて利用する時に無利息サービスが適用されるオススメの業者3選

初めてキャッシングをする時は借りたお金をしっかり返済する事が出来るのか不安になってしまいます。それでなかなか申し込みをする事が出来ない人もいますが、無利息サービスがある業者を利用すればサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来るのでスムーズに返済する事が出来ます。

そこで初めて利用する時に無利息サービスが適用されるオススメの業者を紹介していく事にしましょう。

・レイク

レイクは新生銀行のカードローンで無利息サービスが2種類あるのが特徴です。30日間無利息と180日間5万円分無利息があり自分に都合の良い方を選ぶ事が出来ます。返済する時の負担も軽減されるので初めて利用する時にレイクを選ぶ人が多いです。

・アコム

アコムは大手の消費者金融で初めて利用する時に無利息サービスが適用されると契約日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。しかし返済期日を35日ごとにするという条件があるので注意が必要です。

・プロミス

プロミスもアコムと同様に大手の消費者金融で初めて利用する時に無利息サービスが適用されると借入日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。しかしメールアドレスの登録やWEB明細を選択するなど条件があるので注意が必要です。

キャッシングサービスの比較をすること

多くのキャッシングサービスがありますから、少しでもよいところにできるように比較するべきでしょう。まずどこを比較するのか、といえば金利になります。金利には下限と上限がありますが下限はほぼ気にしないでよいでしょう。何故かといいますと基本的に一般人には不可能といえる金額になっていることが多いからです。

つまりは、最低金利とは融資可能額が500万円とかそうしたことになっているからです。これは要するに1500万円の収入があることが例えば消費者金融では必要になります。ですから、どうしても難しいことになります。その為、上限金利をまずは見るべきであるといえます。そこから比較するのがベストであるといえるでしょう。

キャッシングサービスというのは、いくつも提供している業者があるわけですから、とにかくしっかりと比較していきましょう。少しでもコストを抑えることができるようになりますとそれはとてもよいサービスとなることでしょう。比較をするところとして、借り易いかどうか、ということもあるでしょう。

金利と借り易いところであるのか、ということから考えるとよいでしょう。そうすればよいところが間違いなく見つかることでしょう。

キャッシング 学生が審査に通る条件を考える

学生であってもキャッシングをしたいと思う事はあると思います。学生がキャッシングの審査に通る為の最低限の事を考えていきます。

・20歳以上である事

まず、学生の場合年齢がどうしても付きまといます。20歳未満ですと法律的に契約履行の義務が発生しませんので審査に通ることは無いでしょう。

・アルバイトなどの収入がある

現在、総量規制の影響で消費者金融は無収入の人への貸し出しは出来なくなっています。銀行カードローンは可能ですが、審査は厳しく学生に対して審査通過は現実的ではないでしょう。アルバイトなどをしていて、最低限の収入を持っていることが重要です。

月どのくらいのシフトに入っていて、どのくらいの給料をもらっているかキチンと説明しましょう。

・諦めたり親に相談したりする事も重要

学生が借金を考えるというのはよっぽどの事情があるのかと思います。遊びの為にキャッシングをしようと思っているならあきらめる事をお勧めします。何か悪徳商法やマルチ商法に引っかかったとかの理由なら、両親に相談するといいでしょう。学生では解決できない事も知恵で解決できる可能性はあります。

いかがでしたか。お金を貸してくれないからと言って、くれぐれも闇金などに申し込まないように気を付けてください。

おまとめローンは総量規制の例外です

2010年6月に行われた改正貸金業法の完全施行に伴い、信販会社と消費者金融からの貸金業法に基づく借入には、総量規制が導入されました。全ての貸金業法に基づく貸付を行なう金融業者からの借入は、合計で年収の1/3以内に制限されたことにより、複数の借入があると総量規制以下の水準まで借入総額が減らない限り新たな貸付を受けられなくなりました。

しかし、消費者金融からの借入を1本化するおまとめローンは、借入側に有利な借り換えとなるので、例外的に認められています。なぜなら、多くの消費者金融では利用可能枠を100万円未満に設定している可能性が高く、利息制限法は貸付金額が100万円以上では更に上限金利が低く設定されているので、おまとめローンに借り換えることは金利引下げに繋がり借り手側に有利だからです。数百万円の借入ともなれば、数段階の金利引き下げが可能となり、おまとめローンへの借り換えを制限する理由がありません。借入総額が大きいほど、金利1%の差が利息総額に影響するので、おまとめローンで借り換えて確実な返済を行なうことが望ましいと考えられます。銀行カードローンの審査は、通過すれば総量規制対象外ですから有利ですが、厳しい審査条件から借り換えが出来ない場合も少なくありません。おまとめローンならば、消費者金融を利用しながら金利引き下げ効果を狙えます。

三井住友銀行カードローンの特性について

カードローンは契約しておくことでお金が必要となった時に速やかにお金を借りることができますし、借りたお金の使いみちは自由なので、非常に便利なローンサービスと言っても過言ではありません。日本では殆どの金融機関においてカードローンの取り扱いがありますが、その中でも特に推したいカードローンの一つが三井住友銀行のカードローンとなります。同行のカードローンにはどのような特性があるのでしょうか。

・金利について

実質年率は4.0%?14.5%となっています。なお金利については契約時の融資限度額の金額に応じて決定されます。

・融資限度額について

融資限度額が希望の金額を10万円単位で選ぶことができ、最高融資額は800万円となっています。なお融資限度額が300万円までの申込であれば、原則所得を証明する書類の提出は不問となっています。

・ATMについて

三井住友銀行のATMに加えて、イーネットのATM、セブン銀行ATM、ローソンATM、ゆうちょ銀行ATMもATM手数料、ATM時間外手数料が無料で利用できます。

・おすすめの申込方法

SMBCダイレクト(インターネットバンキング)からの申込がおすすめです。この方法で申し込みを行うことで、本人確認書類の提出が不要となります。

キャッシングの返済に関することとして

キャッシングでお金を借りることが悪いわけではないです。あくまで金融サービスして確立されているわけですし、許可がされているわけですから、借りるのは問題なしです。しかしながら返済が遅れると大変になります。キャッシングの金額に課せられる金利の上に遅延損害金が発生します。

これが結構な負担になることがありますから、注意しておきましょう。キチンと返済をしていくことによって、それは防ぐことができます。そもそもそれは最悪の状態であり、そこまで気にすることではないのです。返済計画がしっかりとしていのであればまったく問題はないでしょう。借りたお金は、きっちりと返済していくことが信用を重ねる、ということに繋がっていくわけです。

ちなみに審査も厳しいわけですから、返済ができなそうな人には貸せない、ということもありますから、注意しましょう。借りることができるならば返済計画を立てて、まずは優先的にそちらに資力を投じることです。