女性向けカードローンのメリットは?特にオペレータに対する不安がある方におすすめ!

カードローンの審査において、審査段階でオペレータと電話する機会があります。

申込内容の確認や在席確認において、不安を抱えることも少なからずあります。

特に男性との会話に不安がある方、職場に男性からの電話は困るという方には女性向けのカードローンはメリットがあります。

電話対応は女性オペレータが行うため、審査時の電話も女性になります。

また、女性特有のお金に関する悩みや疑問を相談することも可能です。

近年は、女性の社会進出も活発になっており、女性向けサービスのニーズも拡大しています。

しかも、カードローンのスペック自体も通常のカードローンと差が無く、契約したから不利な条件ということもないため、女性の方は優先して女性向けのキャッシングを契約するのがおすすめです。

キャッシングの借り換えのタイミングについて

キャッシングの借り換えを行う上で重要となるのがタイミングとなります。

基本的にキャッシングの借り換えは現在利用しているキャッシングよりも金利が低いところで契約することができた時に、既存のキャッシングの残高を新しく契約した条件の良いキャッシングを利用して完済することが多く、新しく契約したキャッシングの方が金利が低いということは、金利の分だけ総額での支払額を低く抑えられるというメリットがあります。

その為、最初は融資を急いでいたので金利が高くても即日融資が可能な消費者金融でキャッシングを行い、その後、落ち着いて手続きが出来るようなタイミングで消費者金融よりも金利が低くなる銀行のキャッシングと契約してそちらで残高分を返済するといった流れが一般的となります。

また、キャッシングの借り換えを行う上で気を付ける必要があるポイントとしてはキャッシングの契約というのは完済しても自動的に契約が解除されることは無いので、今後も前のキャッシングを利用しない場合には解約した方が良いでしょう。そうすることで他のローンと契約を行う際に、キャッシングの利用状況がローン審査に影響を与えて不利となってしまうことを避けることが出来るからです。

最近よく目にする”おまとめローン”とは?

最近よく目にする”おまとめローン”なのですが、これはできるのならば、した方が絶対いいのです。

なぜならば、同じ金額で金利の安い所でまとめて借りたほうが金利が安いですし、支払う所も一箇所となるので支払いも便利になるからなのであり、同じ金額を借りているのにわざわざ金利の高いところから借りている義理も必要もないのです。

手続きや事務処理が面倒だと思う気持ちは重々わかるのですが、全てはお金のためと思って我慢して、”おまとめローン”にするというのが経済的に言えば正解なのです。

「世の中、万事金でござる」や「金が無いのは首が無いのと同じ」などの格言もあることですし、お金というのは人間の人生にとって本当に大事、大切なものであるので無駄の無い様にしなければならないものなのです。

無利息で貸すカードローン業者

カードローンでお金を借りる、ということは要するに金利を支払っていくことになります。これが業者側の利益になるのですから、当然であるといえるでしょう。
しかし、無利息で貸してくれるところもあります。一定期間とか条件によって、ということではあるのですが、こうしたところがまずはベストであるといえるでしょう。
なにしろ、利息なしで済むわけですから、これは実に大きなメリットがあるといえるでしょう。

もちろん、あくまで元金は返すことになりますから、返済計画はしっかりと立てる必要性があります。
借りること自体は悪いわけではありませんから、そこはよいのですが返済計画が会ってこそ、ということはありますから、この点はしっかりと理解しておきましょう。
無利息で貸してくれる、というのは当然ですがずっとではありませんから、そこまで過度に依存するのもよくないです。

しかし、基本的にはよいサービスであるといえますから、どこぞからお金を借りる時にはまずは意識するべきことであるといえるでしょう。
利息を支払う必要性がない、というのはやはりとても大きなメリットであるといえるのは間違いないからです。そうした業者から探していくようにしたほうがよいでしょう。

WEB完結で申し込みをする事が出来る2つの銀行カードローン

キャッシングをする時は店頭窓口や自動契約機で申し込みをする人もいますが、スマホが普及してきた事でWEB完結で申し込みをする人が増えてきています。WEB完結で申し込みをする事が出来るのは大手の消費者金融になりますが、銀行カードローンでもWEB完結で申し込みをする事が出来る業者があります。そこでWEB完結で申し込みをする事が出来る銀行カードローンを紹介していきましょう。

・楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンはネット銀行の楽天銀行のカードローンなので店舗や契約機が設置されていません。それで申込方法はネットのみになっているのでWEB完結で申し込みをする事が出来ます。正社員だけでなくアルバイトや専業主婦にも積極的に貸付を行っているので幅広い人が利用しているカードローンです。

・新生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローンレイクは以前レイクという消費者金融が銀行カードローンになったのでサービス内容は消費者金融に近いです。即日融資を受ける事が可能でしかも初めて利用する時は無利息サービスが適用されてお得に借り入れする事が出来ます。初めての利用で早くお金を借りたい時にオススメのカードローンです。

WEB完結で申し込みをする事が出来る銀行カードローンはこのようにあるので自分が適している方を選んでみるといいでしょう。

銀行カードローンと銀行ローンの違いとは何か

銀行が行っている融資商品として、住宅ローンや自動車ローンといった金融商品がありますが、銀行では様々なローンを扱っています。有担保ローンと無担保ローンの違いはあるものの、一見すると分かりにくい無担保ローンとして銀行カードローンと銀行ローンがあります。正確な違いを知っておけば、勘違いをする可能性を減らせるでしょう。

銀行カードローンは、利用限度額の範囲内で繰り返し貸し借りが出来るタイプのローンです。銀行により専用キャッシングカードが発行がされるケースと、銀行キャッシュカードをそのまま利用するタイプの2種類が存在しますが、基本的にATMで借入と返済が出来る点に違いはありません。必要に応じて、最小限の金額を借りることが出来るので、金利は15%を少し下回る程度と高めなケースが多いです。

一方、銀行ローンは、証書貸付とも呼ばれる方式を採用しており、目的別ローンとフリーローンが存在します。必要な金額について審査を受けて、一度にまとめて貸付を行ない、以後は完済まで毎月決められた金額を返済する方式です。追加融資を受けるためには再度審査が必要となり、繰り上げ返済についても手数料が必要となる特徴があります。金利はカードローンよりも低く抑えられるので、多額の融資を一度に受けて計画的に返済する際に適しています。

楽天銀行のトラベルローンの概要と特徴

楽天銀行が取り扱うローン商品といえば、専業主婦でも契約できるフリーローンである、楽天銀行スーパーローンが有名ですが、その他にも魅力的な商品を多数展開しています。その中でも、旅行へ行くための資金をお得に調達できるローン商品として利用をおすすめしたいのが、トラベルローンというローン商品になります。楽天銀行のトラベルローンの概要と特長について詳しく見ていきましょう。

・金利と利用限度額

2017年8月14日時点で、金利は固定性で年11.5%、利用限度額は最高で100万円までとなっています。なお、月々の返済額については利息込みで1万円若しくは2万円とされています。

まとまった金額を借り入れても無理のない範囲で返済しやすいのが嬉しいですね。

・資金使途

借りたお金は旅行へ行くためのみに使用可能です。

具体的にはパック旅行の代金支払いや公共交通機関に支払う費用・宿泊施設に支払う費用、その他国内旅行・海外旅行に伴う諸費用に利用することができます。

・契約に必要なもの

本人確認書類、収入証明書類に加えて、資金使途証明書類が必要です。

資金使途証明書類の具体例としては、旅行代理店発行の見積書や予約確認書などが挙げられます。

重視したい点を考えてカードローンに申し込む

どこのカードローンを利用していいものかわからなくなる人もいます。カードローンを提供している会社はとても多く、いちいち選別していくことができません。この悩みを感じてしまった時には、一番重要な点を考えながらカードローンを選んでいくとよいでしょう。

カードローンの中でも、重要にしたい点は人により異なってきます。利息の少なさを重視したい人は、無利息期間が長くなっているローン会社に申し込みを行ってみるとよいでしょう。無利息期間が長くなっていることにより、返済しなければいけないという焦りを感じることなく借入していくことができます。もちろん、期間内に返済すれば利息も全くかかることがないため、無駄のない借入を実現することができるでしょう。

さらに、人により丁寧な対応を重視したい方もいます。初めてカードローンを利用する人は、いろいろと丁寧なサービスが整っている方が気軽に相談しやすくなります。ことお金の事に関しては、シビアに物事を運んでいく必要があります。そんなときにも、丁寧な対応を重視しているローン会社を利用することで、借入や返済に関する悩みを解消しやすくなるのです。カードローンを利用する際には、重視したい点をまずは考えてみるとよいでしょう。

銀行カードローンより消費者金融の方が審査が緩い?

申し込みが簡単で比較的少額の融資をスピーディに行なってくれる金融機関に銀行と消費者金融があります。

お金に困ったときにはこれらのサービスを利用することも考えられますが、このふたつの金融機関には違いがあるのでしょうか。

どちらも同じようなサービスを行なっている銀行と消費者金融ですが、細かい部分を比較してみたときに融資額や利息、利用条件などに違いがあることがわかります。

一般的に利用限度額に関しては銀行の方が多く設定されているところがほとんどですが、利息に関しては消費者金融の方がおおむね高めに設定されています。

また消費者金融には総量規制などの決まりが存在するため、条件によって申し込みが可能な人が制限されてしまう場合もあります。

以上のことを踏まえると消費者金融よりも銀行の方が利用価値があるように思えますが、もうひとつ重要なポイントとして審査があります。

キャッシングを行なうためには審査に通過することが絶対条件ですが、この審査に関しては銀行の方が厳しく、それに比べると消費者金融の方が通りやすいとも言われています。

金融機関の審査の基準は明らかになっていませんが、独自に信用情報を集めて審査する消費者金融と、広いネットワークでもって信用情報を集めて審査を行なう銀行とでは審査の基準に若干の差があるようです。

学生時代に借り入れするなら中小消費者金融がいいことも!

20際以上になれば、アルバイトにより安定した収入があると銀行や消費者金融から借り入れが可能です。しかし、銀行カードローンの場合、審査が厳しくなってしまい、借り入れできる可能性が低くなります。そのため、大手消費者金融のカードローンを申し込む方が借り入れできる可能性は高くなります。しかし、学生の場合、信用度が低くなるため、金利が高くなってしまい、就職後もその金利が継続されるといったデメリットがあります。

そのため、学生が借り入れをする場合、中小消費者金融が取り扱う学生ローンやヤングローンを利用する方が将来的なメリットを生じさせます。学生ローンやヤングローンの場合、大手消費者金融のカードローンよりも低い金利で借り入れできる上、就職後でも低い金利で契約が継続され、結果的に総返済額を圧縮出来ます。また、大手消費者金融を申し込む場合は、信用度が高まった状態となるため、より金利条件に期待することが可能になります。申し込み手続きが簡単かつスピード審査だけに注目すると良い条件での契約チャンスを失ってしまうため、学生が借り入れする場合は大手消費者金融を避けるのがおすすめになります。

また、審査落ちしてしまうと将来的に銀行カードローンを契約する際、保証会社が同じということで選択肢を狭めてしまいます。