キャッシングは手続きがスピーディなので現金が欲しい時にすぐに手に入る

キャッシングの大きなメリットはなんといっても手軽さです。銀行で融資を受けようとすると手続きが面倒になりがちです。その点、キャッシングは時間をあまりかけずに融資を受けることが可能です。キャッシングのように便利にお金を借りれるサービスはあまりないので利用して損はないです。

申し込んでから実際に現金を得るまでの時間が長いと不便ですが、キャッシングは手続きがスピーディなので現金が欲しい時にすぐに手に入るのがよいところです。また、担保や保証人を用意しなくても問題なく希望額を借りられるので便利です。お金を身近な人から借りることに抵抗がある人がいます。キャッシングをすれば家族や知り合いに分らないように内緒でお金を借りられるのでおすすめです。

即日融資なら、急な出費にも対応できる

給料日まであと何日かあるときに冠婚葬祭や大事な用事が出来てどうしてもお金が必要、という事は結構あることです。そういう時に便利なのが即日融資が受けられる消費者金融です。即日の融資を売りにしているだけあって、本当に申し込んだその日に融資をしてくれます。

収入に見合った金額しか借りられませんので、借りすぎる心配もあまりありませんし、安定した収入がある人なら融資は受けられます。たとえば親戚の結婚式や葬式などで飛行機や新幹線に乗らなくてはならない、香典や祝儀が必要という時には10万円程度必要になりますが、そのような時に即日融資はとても便利です。家族に借りにくい出費にも対応できますし初回は金利無料の業者もあります。

キャッシングの返済を忘れてしまったら?

キャッシングをしたら、お金を月々決まった金額を返していかなければなりません。

返済日は、だいたい決まってますのでその日に返済をすればいいのですが、やはり人間ですのでうっかり忘れてしまったりその月は返済が困難な月もあるかと思います。

そんな時に、絶対やっては行けないのがそのままにしておくことです。払えないから、仕方がないと言って開き直り何もしないのが一番いけません。

それでは、払えない時はどうすればいいのでしょうか?

先ず、真っ先にやらなければいけないのが、借りている業者に連絡を入れることです。もし、貴方がお金を貸していて返済されなかったときに連絡も来なかったらどう思いますか?踏み倒されるかと心配になりますよね?

業者さんも同じです。

今月は返せないとしっかり連絡をすれば、大抵の業者さんは待ってくれます。

そして、いつ頃になったら返済ができるようになるかも伝えましょう。

しかし、その月は返済を待ってくれても注意することがあります。返済を待っていてくれても、遅延損害金は発生しています。

遅延損害金とは、支払いが遅延したときにかかる利子のようなものです。

なんにせよ、払えない時はしっかりと連絡しましょう。

そのままにしておくと、業者からの連絡、督促状、下手をすれば裁判にまで行ってしまいます。

しかし、何度も言うようですが電話一本、連絡を一回することによって最悪の自体は免れます。

筆者自身何度か返済ができなかった月がありましたが素直に話すと、コールセンターの方は優しく親身になって話を聞いてくれました。

返せなかったからと慌てて何もしない、一番いけません!キャッシングとは、人と人。信頼と信頼で成り立っているのですから。