楽天銀行のトラベルローンの概要と特徴

楽天銀行が取り扱うローン商品といえば、専業主婦でも契約できるフリーローンである、楽天銀行スーパーローンが有名ですが、その他にも魅力的な商品を多数展開しています。その中でも、旅行へ行くための資金をお得に調達できるローン商品として利用をおすすめしたいのが、トラベルローンというローン商品になります。楽天銀行のトラベルローンの概要と特長について詳しく見ていきましょう。

・金利と利用限度額

2017年8月14日時点で、金利は固定性で年11.5%、利用限度額は最高で100万円までとなっています。なお、月々の返済額については利息込みで1万円若しくは2万円とされています。

まとまった金額を借り入れても無理のない範囲で返済しやすいのが嬉しいですね。

・資金使途

借りたお金は旅行へ行くためのみに使用可能です。

具体的にはパック旅行の代金支払いや公共交通機関に支払う費用・宿泊施設に支払う費用、その他国内旅行・海外旅行に伴う諸費用に利用することができます。

・契約に必要なもの

本人確認書類、収入証明書類に加えて、資金使途証明書類が必要です。

資金使途証明書類の具体例としては、旅行代理店発行の見積書や予約確認書などが挙げられます。

重視したい点を考えてカードローンに申し込む

どこのカードローンを利用していいものかわからなくなる人もいます。カードローンを提供している会社はとても多く、いちいち選別していくことができません。この悩みを感じてしまった時には、一番重要な点を考えながらカードローンを選んでいくとよいでしょう。

カードローンの中でも、重要にしたい点は人により異なってきます。利息の少なさを重視したい人は、無利息期間が長くなっているローン会社に申し込みを行ってみるとよいでしょう。無利息期間が長くなっていることにより、返済しなければいけないという焦りを感じることなく借入していくことができます。もちろん、期間内に返済すれば利息も全くかかることがないため、無駄のない借入を実現することができるでしょう。

さらに、人により丁寧な対応を重視したい方もいます。初めてカードローンを利用する人は、いろいろと丁寧なサービスが整っている方が気軽に相談しやすくなります。ことお金の事に関しては、シビアに物事を運んでいく必要があります。そんなときにも、丁寧な対応を重視しているローン会社を利用することで、借入や返済に関する悩みを解消しやすくなるのです。カードローンを利用する際には、重視したい点をまずは考えてみるとよいでしょう。

銀行カードローンより消費者金融の方が審査が緩い?

申し込みが簡単で比較的少額の融資をスピーディに行なってくれる金融機関に銀行と消費者金融があります。

お金に困ったときにはこれらのサービスを利用することも考えられますが、このふたつの金融機関には違いがあるのでしょうか。

どちらも同じようなサービスを行なっている銀行と消費者金融ですが、細かい部分を比較してみたときに融資額や利息、利用条件などに違いがあることがわかります。

一般的に利用限度額に関しては銀行の方が多く設定されているところがほとんどですが、利息に関しては消費者金融の方がおおむね高めに設定されています。

また消費者金融には総量規制などの決まりが存在するため、条件によって申し込みが可能な人が制限されてしまう場合もあります。

以上のことを踏まえると消費者金融よりも銀行の方が利用価値があるように思えますが、もうひとつ重要なポイントとして審査があります。

キャッシングを行なうためには審査に通過することが絶対条件ですが、この審査に関しては銀行の方が厳しく、それに比べると消費者金融の方が通りやすいとも言われています。

金融機関の審査の基準は明らかになっていませんが、独自に信用情報を集めて審査する消費者金融と、広いネットワークでもって信用情報を集めて審査を行なう銀行とでは審査の基準に若干の差があるようです。