キャッシング審査で重要となる返済能力の有無

キャッシングの審査で最も重要となるのは、返済能力の有無です。返済能力とはすなわち、借りたお金の返済を可能にするだけの経済力のことです。

そしてキャッシングの場合、経済力は継続的な収入によって、あるとみなされます。たとえば会社勤めなどをしていて、毎月の収入がある人の場合、それによる返済が可能と認められるということです。
会社員のような安定した職でなくても、たとえばフリーターやパート主婦だとしても、安定した収入があれば返済能力があるとみなされます。

もちろん、借り入れする金額があまりにも大きいと、継続的な収入があったとしても、返済は困難になります。
そのため借り入れできる金額は、一般的には年収の3分の1までとされています。

たとえば年収が300万円の人の場合、100万円までということになります。
年収の3分の1の金額を上回らないように借り入れ希望を出し、なおかつ継続的な収入があることを示す給料明細書などを提出すれば、キャッシング審査に通る可能性は高いと言えます。