増額申込みのポイント

キャッシングを利用していると「もっと多くの金額を借り入れしたい」と言った状況になる可能性は高いと言えます。初回契約時に高額な限度額をもらえた場合であれば必要性は低いかもしれませんが、50万円以下の限度額で契約をした場合などは増額申込みを検討する可能性は高くなります。

どのキャッシングにおいても、利用者の希望によって増額申込みを行うことが出来ます。申し込みに対しては審査が行われ、その結果によって利用限度額が増額される可能性が出てくるわけですが、実は増額が可能となった利用者に対しては何らかの打診がある場合が多いのが実状です。

例えば、窓口を利用した際や専用ATMやマイページに案内が来るといった形で打診されます。つまり、逆に考えると打診が無い状況ではそれほど増額申込みが受理される可能性は高くないということになるわけです。どうしても増額の必要性があるという場合には増額申込みをしてみるべきですが、特に必要性が無い状況であれば打診が来るまではそっとしておいた方が良いでしょう。

自分から増額申込みをした場合はしっかりと審査が行われることになりますが、打診があった場合には形式上の審査だけで済む場合が多いため、余計な手間を減らすことも出来ます。

キャッシング審査で重要となる返済能力の有無

キャッシングの審査で最も重要となるのは、返済能力の有無です。返済能力とはすなわち、借りたお金の返済を可能にするだけの経済力のことです。

そしてキャッシングの場合、経済力は継続的な収入によって、あるとみなされます。たとえば会社勤めなどをしていて、毎月の収入がある人の場合、それによる返済が可能と認められるということです。
会社員のような安定した職でなくても、たとえばフリーターやパート主婦だとしても、安定した収入があれば返済能力があるとみなされます。

もちろん、借り入れする金額があまりにも大きいと、継続的な収入があったとしても、返済は困難になります。
そのため借り入れできる金額は、一般的には年収の3分の1までとされています。

たとえば年収が300万円の人の場合、100万円までということになります。
年収の3分の1の金額を上回らないように借り入れ希望を出し、なおかつ継続的な収入があることを示す給料明細書などを提出すれば、キャッシング審査に通る可能性は高いと言えます。

おまとめローンでコントロールする生活ができる

お金に困ってしまったときにすぐに思い浮かぶのが消費者金融でキャッシングするというものですが、あまりにも手軽に借りることができるのでついつい頻繁に利用するようになってしまうということが起こり得ます。

やがて借金を返済するために、別のところから借金の悪循環に陥ってしまうこともあります。こうなると複数から借金して、それをいつまでに毎月返済するのか、ということに頭を悩ませてしまうことになるのです。

3-4社から借り入れをしていると、やがて借金を返すだけの人生のようになってしまいます。そうなると精神的に余裕がなくなっていき、お金を返すことのストレスばかりに思いがいって、他の大切なこと、つまり家庭や子供、仕事、恋人や友人のことなどを考えることができなくなるのです。

そんなストレスから解放されるのがおまとめローンというものです。1社から高額の融資をしてもらって、今ある借金をすべて返済してしまうのです。つまりまとめてしまうということなのです。これをすると、返済先は当然1社だけになりますので、返済計画が立てやすいですし、うっかり返済日を忘れてしまうことも避けやすくなります。

それだけでなく、1社からだけなので低金利になるというメリットもあります。ですが、最大のメリットは精神的な安定感が得られるようになるということです。おまとめローンで返済への道筋ができて、コントロールされる人生から、生活や予定を自分でコントロールできるようになるのです。

銀行系のおまとめローンであれば高額融資、そして低金利での対応をしてくれます。

消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融のカードローンと銀行カードローンのは、非常に似ていますが法律的に別物です。消費者金融は貸金業法で銀行は銀行法です。

利用者がこの法律を詳しく知っておく必要はありませんが、貸金業法では総量規制があって、銀行法では総量規制が無いということぐらいは覚えておきましょう。

初めての利用で10万円や20万円といった少額融資を受けたい場合は、総量規制のことを意識する必要もないので、消費者金融でも銀行カードローンでも違いは無いように思えます。しかし、実際は細かなことで違いがあります。

まず消費者金融は審査のスピードが最大の売りです。審査が早いので各業者とも即日融資可能という事を全面に出してアピールしています。銀行カードローンのスピードも最近は格段に上がってきてますが、まだ消費者金融の方が早いです。

銀行カードローンも審査の部分だけ消費者金融と提携している所が多いですが、その審査に銀行特有の基準がある分遅くなってしまいます。

次に銀行カードローンの売りは何かと言うと、金利の低さと最大限度額の多さです。それと銀行の名前による安心感もあります。

消費者金融の場合は100万円以下の借り入れなら、金利はまず18.0%が適用されますが、しかし、銀行カードローンはそれよりも数%低くなります。これはかなり重要なポイントです。

最大限度額は1000万円前後まで借りられる所が多いです。額が多くなると当然審査も厳しくなるので、必ず借りられる訳ではありません。

最後に消費者金融と銀行カードローンの違いを簡単にいうと、お手軽で簡単なのが消費者金融で低金利で安心なのが銀行カードローンになります。

キャッシングの限度額について

私も以前、銀行系・信販系のカードローンを作ったことがありますがカードローンを作成する際に限度額が設けられるようになりました。

今までは個人の信用がある程度あれば各会社がカードローンを作成できていたのですが、2010年6月に貸金業法が施施行され、総量規制という制度が導入されるようになりました。これにより年収の3分の1以上の借入を禁止するとした法律で年収500万円の方ですと167万円以下しか借り入れができないということになります。

じゃあ家のローンがある人は?車のローンがある人は?という疑問が出てきますが必ずしも家のローンや車のローンがあるとキャッシングできないのかというとそうではありません。

実は総量規制には対象外や例外があります。

その例として

・不動産購入又は不動産改良の為の貸付(その為のつなぎ融資を含む)

・自動車購入時の自動車担保貸付

・高額医療費の貸付

・有価証券担保の貸付

・不動産担保貸付

・売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付

・手形(融通手形を除く)の割引

・金融商品取引業者が行う500万円超の貸付

というものがあります。

いうなれば、総量規制にかかる貸付というものは、本人の信用の元借り入れができる金額のことを言い、担保が存在するものは例外となります。

キャッシング審査の基準を知り賢く使いこなそう

以前よりキャッシングは身近な存在になりつつありますが、キャッシングを実際に利用するまでには申し込み書を申請する必要があります。

キャッシングの中には、即日で審査が終了するところもありますが、早いからといって審査がゆるいわけではありません。キャッシングの審査基準を知っておき、審査を通過しましょう。

・誤字脱字は絶対厳禁

顔も知らない相手に貸し出しをするわけですから、審査ではちょっとしたあいまいな部分でもチェックします。自分の名前や住所などの誤字・脱字は、書きなれた住所なのに間違うこと自体あまりありませんので、偽造や虚位の申告とみなされてしまうことがあります。

・属性が低いと落とされる

属性とは、自分の現在を構成している勤め先や勤続年数・持ち家か賃貸かどうかなどの事です。勤続年数が長いほど信用は増しますし、年収も高い方が良いですが、他のキャッシングで収入の3分の2を借りている場合には、総重量規制の対象内のキャッシング会社では、審査落ちします。

限度額を増やしたいなら計画的な利用をしましょう。

少しのお金がたりなくてちょっとだけ消費者金融を利用しようと考える人には、あまり考えたことがないと思いますが、利用限度額を増やしたいと思っている人は結構います。

一般的に限度額が高いほど金利が安くなります。しかし、審査が通りにくいので借りやすくするために最初は低い限度額で契約して、必要があれば増額する方法をとる人が多いのです。

必要があれば増額といっても、こちらのタイミングで好きな時に増額できるわけではありません。基本的には半年以上の利用と延滞などの問題を起こしていないことで、これを満たしていれば、増額しませんかと業者の方から提案があります。ただし一気には上がらず、10万円ずつと思っておいて間違いないです。

他社からの借入が多かったり、初めての利用のみでそれ以降の借入が無かったりした場合は提案が無かったり、こちらから増額を希望しても断られることがあります。

借りる時に審査がありますが増額時にも審査があるので、信用問題に関わることで引っかかれば増額はまず出来ないと思っておいてよいでしょう。

あとどれだけ増額しても総量規制に引っかかる、年収の3分の1以上は借りることは出来ません。総量規制対象外の銀行カードローンで借りればよいのですが、総量規制に引っかかる人が借りに行っても債務の一本化とかそういった理由でないと借りることが出来ないので、最初から銀行カードローンを選択すればその辺りの問題はなくなります。

しかし、審査の厳しさもあるので借りやすさでは消費者金融の方が上になります。

計画的な借入と返済をしていれば何の問題もなく限度額は増えていくので、消費者金融を賢く利用しましょう。

 

土日でも大丈夫!借り入れ審査は即日も可能です
http://www.nbcai.com/

キャッシングの申込みの際に留意すべきこと

急にお金が必要になったという時に、役立つのがキャッシングです。
とはいえ、キャッシングには申込みが必要で、さらに審査をパスしなければなりません。
では、キャッシングの申込みをする前にどんな点に留意するべきでしょうか。

まず、キャッシングの申込みを行うとどのようなことを行われるのでしょうか。
キャッシング会社は申込みした本人にちゃんと返済能力があるかどうかを確認するために審査が行われます。

その際に、行われるのは申込み情報の確認です。

返済能力に一番関係しているのは本人がきちんとした仕事に就いているかどうかです。
それで、必ずしも正社員ではないとダメだということはありません。

毎月決まった収入を安定して得ているのであれば、アルバイトやパートでも借りることができるかもしれません。

そこで、きちんと申し込んだ情報が正しいかを照らし合わせるために在席確認の電話をします。
もし、オペレーターが電話した時に在席を確認できないと申し込んだ情報の信ぴょう性を問われます。

そこで、もし自分が勤務している時間がきちんと分かっているのであれば、必ず勤務している時間を先にオペレーターに伝える必要があります。

さらに、気を付けたいのは過去に、そして現在他の消費者金融から借り入れをしているかどうかです。
消費者金融業界はお互いに情報を共有していますので、その点でも偽りの内容に申し込む必要があります。

 

学生時代のキャッシング経験

お金を借りた経験の多くの人が、学生時代にキャッシング経験があることが多いです。これは、社会人は働くことがベースのため、ある一定のお金を稼いでいますが、学生の場合は勉強が普通でその上で、アルバイトなどでお金を稼いでいるため、社会人に比べてお金が少ないです。それに加えて遊ぶ時間がとても多いので、お金もたくさん使ってしまいます。

その時に使用するのがキャッシングサービスです。キャッシングをする際には消費者金融と銀行がありますが、学生の場合には審査が緩い消費者金融を利用することが多いです。消費者金融のメリットの一つとしては、学生でもアルバイトで一定の収入を得ているとキャッシングを受ける事ができるということです。そのため、20万円くらいまでな学生でも大丈夫です。

しかし、消費者金融の中でも学生ではうけることができないところもあるため、オススメは学生に特化した消費者金融です。ここでは、顧客を学生に絞っているため、学生証と身分証明書があれば、キャッシングをすることができます。特に、初めての人はすぐにお金を借りることができるためとてもいいです。

このようなことから、学生は収入が少ないからキャッシングできないと考える事ができますが、気軽にすることができます。

消費者金融で即日でキャッシング

即日でキャッシングを叶えたい場合、非常に便利なサービスといえば消費者金融が挙げられます。

消費者金融は非常に迅速な対応が魅力的で、店舗に行けばその場で審査をすぐにスタートしてお金を貸してくれたり、
来店不要でインターネットからの申し込みであっても即日で自分の口座へと借りたお金を振り込んでくれるといった便利なサービスが特徴的です。

銀行カードローンを使う場合や、クレジットカードを発行してキャッシング枠を活用する場合には、
実際にお借り入れできるまである程度日数がかかってしまうことも多いです。

しかし、消費者金融なら急ぎでの出費でも全く問題なく間に合わせることが出来るので、
突然に飲み会やお出かけの予定が入って夜までにお金を工面する必要がある際や、
急な法事や接待費の立て替えといったシチュエーションでも安心です。

私は突然の家族の入院で、消費者金融で即日キャッシングしたことがあります。

無人店舗から自動契約機を使ってお手続きを進めましたが、
操作方法もオペレーターさんが案内してくれたり、
パネルに分かりやすい案内が出るので機械音痴な私でしたが簡単に契約を済ませられました。

入店してからわずか一時間ほどで審査に通過してすぐにまとまった現金を借り入れられたので、
消費者金融の対応の迅速さに本当に感動しました。